<< 桜満開 | main | 遅すぎることは本当にないのだろうか >>

幸せのかけらたち

人間である以上は、周りと比べたり、所属欲求に苛まれたりするもの。

 

なるべく私はそれらとは関係ないところに意識を置きたいと常々思っていながらも、実は身近な人たちの動向にやけに敏感になってしまっている自分に気がつきました。そうかあ、焦りはここからかあ。な〜んか驚きです。

 

でも、それに気づけたことで、ふと視線を落とすと自分の足元には、実は色々な幸せが転がっていたんだって知りました。理想の自分になるために、人のことを羨ましがっている場合じゃない。すぐ真下に今自分が取り組んでいる現実生活の結晶たちがキラキラと落っこちている。そのかけらを拾い集めて、何かにしようと私は日々奮闘しているのだと。

 

そう、今私は、自分の足元を自分の養分でようやく固めはじめたんだ。良かった。

 

今日の独り言でした。

 

明日も皆さんにとって最良の一日となりますように。

 

- | comments(2) | -
 
ふかぁ〜い♪(^-^)/今日の言葉は特に響きました。人の事を妬む前に、私、自身の事に熱中すれば輝きられるのかもしれませんね。(^_^;)人を羨んでる場合では無いですね。(^_^;)

さぁ〜春を楽しみましょ〜♪(^-^)/

有り難うございます。♪
だくだく | 2018/04/03 12:40
ですね。私にとって、内面熟成が何よりです( ´ ▽ ` )
裕美子 | 2018/04/14 22:36
Comment