<< 幸せのかけらたち | main | 親子ゲンカ?! >>

遅すぎることは本当にないのだろうか

イレギュラーなお仕事を通して、うまくいったらいいなと挑みつつあまり芳しくない反響に終わるものがあったり、自分が思ってる以上に毎回できる域も見つかったり。昔はそれらを整理する余裕もなくごちゃごちゃと過ごしていました。今でもまだまだそうしがちです。世の中、自分の思いに従順に生きてられている人は多くはないと思いますが、余計なものすべてを削ぎ落として自身の世界観の中で生きられている人はまるで仙人のように思えます。そうあることが人として幸せなのに「超越している人。」と感じられてしまう今自分が在る社会という中からの客観視。矛盾してる。

 

ジョージ・エリオットの言葉だそうです。

「なりたかった自分になるのに、遅すぎるということはない。」

 

イナズマ戦隊の歌で「オマエ・ガムシャラ・ハイ・ジャンプ!」が、今の私に響くフレーズです。

 

今日も最良の1日を( ´ ▽ ` )

- | comments(2) | -
 
遅すぎる事は無いですよ♪(^_^;)むしろ早いです。

歌で♪好きなのは、アンパンマンの歌です♪大人になっても…響きます。
だくだく | 2018/04/09 12:28
アンパンマンの歌!最高!
裕美子 | 2018/04/14 22:34
Comment