_φ(・_・ No.4と5

2020.06.22 Monday

0

    私は毎晩のように月を眺めるんですが、ある時暗くて厚い雲が抜けていった瞬間、神々しいほどのまばゆい光を放ち顔を出した丸い月。むせび泣きたい苦しい心中に光が差しました。輝きたいのに、こんなに美しく見てもらいたいのに、影なる場所にしかいられない自分の在りし姿。しかしこの月のように、のしかかっている重たく暗い者たちが避けたときすぐ、その光輝く存在感をあらわに見た人を感動させるこの月の崇高さ。今と言う瞬間からずっとそうありたいと思いました。

    神々しいゴールドやあの時見たお月様のまばゆい黄色がこれからのテーマカラーになりそうです。

    関連する記事
    コメント
    コメントする