お歌です。

ブログのことはずーっと頭ん中にあって、思いついたテーマをメモまでしてんのになかなか落ち着かない。そうこうしているうちに話題性も薄れてって…な訳で、溜めといたのとは全く別の話題を書きます。

 

昔、「ちゃんと聞いてNight」って深夜番組でバニーちゃんってキャラクターの声をやっていた時に作った歌でねぐらのハムスター」って曲があります。チェスト行けヤング(今でいうライブアライブ)でも登場しましたが、改めてギターでコードを探ってみたら、大好きな「たま」の「方向音痴」っていう曲とコードがだだかぶり(笑)逆にすごくない?好きなものって身に染み込むんですね。

 

 

ねぐらを見つけたハムスター

今日はどこに寝るのかな

 

ねぐらを見つけたハムスター

今日はどこに寝るのかな

 

だけどちょっぴり悲しい時もある

そんな時には、穴ぐらへゴォ〜

 

ねぐらを見つけたハムスター

今日はどこに寝るのかな

 

ねぐらを見つけたハムスター

今日はどこに寝るのかな

 

ふふふ、音もマイナーなら歌詞もマイナー(笑)

ちなみにもう一曲、「カワウソ家族」ってのもありました。

 

とっても悲しい出来事が、この世にたくさんあるのです。

独りじゃどうにもならなくて、泣きたい時もあるのです。

 

だけど、今ね、僕たち、生きているんだよ。

大きな人になれなくたって、輝いているんだ。

 

カワウソ カワウソ カワウソ家族

カワウソ カワウソ カワウソカワイソウ

 

 


これは結構いいお歌です。(自分で言うのか)(笑)

 

絵は、上の娘っち作「笑顔の地球」。今日も最良の1日に♬

 

- | comments(2) | -

梅の花言葉は

2月…空気冷たいですね、毎日、昼間まで冷たいから応えます。

 

寒さといえば私の場合、父がシベリアに抑留された時、どれほどの寒さだったんだろうといつも考えます。あの頃の乏しい防寒着であの極寒を、どれほどの生き地獄だったかと。「あの時のことを思えば、冬場の寒さなんてなんともない。」とよく言っていました。頼もしい父親像を描くために強がってるんじゃないかと思っていましたが、よくよく考えると壮絶だったろうなと胸が痛みます。

 

そんな父がいよいよ帰国する時、乗り込んだ船に桜の木が飾られていたそうで、その時の感動は生涯忘れられないシーンとなりました。父は家族の記念日には決まって桜の木を植えました。そんな桜の木が春先咲く時期は、なかなか愛でには行きませんでした。大事な思いはあるけれど、近親ゆえの色々で素直に行けませんでした。今更だけどこれからは雪解けみたく、もつれた心の糸をほといていけるよう頑張ろう。

 

桜はまだですが、梅はちらほら咲いていました。私は梅の花が大好きです。花言葉を調べたら、「不屈の精神」「高潔」でした。ますます好きです。

 

最良の2月となりますように。

 

- | comments(2) | -

色んな一日

先週末は、子供達と自転車散策に出かけました。ちょうど大河ドラマなどで鹿児島が沸いているので、歴史のお勉強がてらに興味を持てるいいタイミング。私もお勉強です。

 

交通量や車幅によっては、子どもを連れてだとかなりドキドキヒヤヒヤな自転車旅。通ったことない道に入れただけでも冒険だぁと気合いを入れながら、かなり迷ったり引き返しました(笑)後ろに乗せてる下の娘っちは走ってる途中ウトウトしちゃうし。

 

ただ、空や景色や人の様子など、色んなこと一緒に眺め、話しました。何かに触れるたび、水面の波紋のように色んなことを感じあえるっていいですね。

「尚古集成館にも行きたい!」ってなって、時間的には閉館まで残り1時間くらい。とりあえず10号線沿いを走ってたら、トンネル前付近で歩道がないってことに気づいて、ようやく海岸線沿いから到着!私たちより車の人が驚いただろうな。子連れの自転車で通るとこじゃないよって、本当。

 

5時までだと思っていたのに5時半までってことで、ボーナスタイムだぁ!と大喜びで園内に入り、広いお庭を眺めながらも小走りでバーっと駆け抜けて、時間ないのにしっかり両棒餅も食べて(観光気分を味わいたかった)、尚古集成館観へ。

館内では下の娘っちは疲れも出たのか、幼児には退屈なのか、若干機嫌斜め気味。私もつい機嫌が悪くなってカッカしてたら、バッタリ知り合いに会いました。なんで、こんな髪振り乱してガチャガチャなってる時に限って、「うわぁっ、見られた〜っ」って事態になるんだろう。めちゃくちゃ落ち込みます。きっと「お〜いっ」って誰かが、周りが見えてない私に警鐘を鳴らしているんでしょう。

 

以前も子どもを叱ってる最中何気に携帯を見てみたら、なんと会社の上司に電話が繋がっていて、「そのうち、なんか話しかけられるんじゃないかと思って。」「すみませ〜ん」なんてことも。今思い出しても冷や汗が。

 

そんなこんなでしたが、束の間ながら、いくつもの「やってみた」感を得られてよかったねなんて。できるだけまた外にも出かけよう。皆様も爽快な気分で明日も頑張ってください!(私に言われても)(泣)

 

 

 

- | comments(2) | -

幸せっ?!

椎名林檎さんの「幸福論」て、メロディアスで大好き。

 

幸福って、いろんな形があるけれど、かっこよく言い切りたいのと現実思うようにそうできないフラストレーションを始終微調整しながら、追求し続ける今日。ただ、些細でもしようと思ったことを自分でできる今を大切に過ごさないといけない。内面を豊かにし、いろんな見る目を学んで、日々感動する。

 

歳のせいか、幸福観も変わってきてるのは確かで、恋愛とか異性の存在は、もはや私の幸せパズルのパーツではなく、意識を向上し合う仲間は大事にしていきたいなあという感じ。味気ないかな?!(笑)もちろん、憧れ的ドキドキ感などはある。それがまた頑張ろうって具体的なやる気に繋がったりもする。こんな表現も機械的かな?!(笑)

 

上の娘っちが小学校で作ってきた梅干しとご飯。

元々ご飯あんまり食べないのに、ご飯が美味しく感じられ、思わず大盛りによそおってしまいます(笑)一つ一つの食材にもドラマがあって、シンプルでも特別な贅沢さを感じられる。凄いですね、意識で味覚も違ったものになる。また、研究材料ができた( ´ ▽ ` )。

 

- | comments(2) | -

眩しい!シャケワールド!!

山形屋「大新潟展」生中継!

天下の老舗百貨店、山形屋さんから…

この中継のために、被り物を用意し臨んでくださった島さん登場!

 

感動〜っ(涙)。

 

よく見ると、シャケ色フェイスにシャケ色ネクタイ!

リハ前、​私よりも先に、顔塗りを始められた島さん。

ついて行きますとばかりに私も白塗り💦

逆ではないか?!有り難いですよ、本当に(笑)

 

顔ハメひとりの時より、フリーダム感が倍増⤴︎

楽しいお仕事でした〜♪

- | comments(2) | -

園帰りの公園

サンエールのブックリサイクルで5冊いただいてきました。

明日もされていてさらに増冊されるそうです。早い時間なら絵本もあるそう。

 

その後、下の娘っちの希望で公園へ。

色々と落ち込んだりもするけど、

意味のないことは起こらないと思うし、そこで何かをする意味がきっとあって、更にいい未来が待っていると信じて頑張ります。

 

こんな時間を今は大切にするべき時なんだろうなって感謝しつつ。

気持ちのいいお天気な公園日和でした。

- | comments(2) | -

飛行機からの雲

飛行機に乗ったときの窓からの景色、毎回時間でも違って見えるから、嬉しくなります。

- | comments(2) | -

2018は「見える化」させる勇気!

今日は下の娘っちが午前保育、超特急で自分のことに取り組まないといけません。仕事が入っていない日でも”やっとかなきゃ的こと”は絶えずあるので、本当は延長保育をお願いしたいけど、「普通のお迎えがいい!」と言われたときは、なるべくそうしようと。上の娘っちが小学校入ってからはどんどん幼さから遠のき始めて、気がつけば背丈も私と同じくらい(笑)。早いんですよね、子供が成長するのって。

 

さて、タイトルの「見える化」。

歴史家の東川隆太郎さんの講演から学んだキーワード。これまでの、わかってくれる人だけ伝わってればいいかな的奥手な自分流からちょっとだけズレたやり方にはなりますが、その方法を生かしてさらに自分をレベルアップしていこうと。

 

今回とある審査を受けて参りまして、結果は進めずにとても残念でしたが、ようやく今回で、自分の好きなことはこれだってことを思い知ったいい機会にはなりました。

 

これまでは小心から、これまで表沙汰にはしてこなかったのもあります。だから、これまでのブログはとても中身がだいぶはっきりしないものでした。それでもなんとなくわかってくださる方々もいらっしゃり、その存在がとても励みになっていました。

 

でも本当の自分のことをいつまでも押さえ込んでいたら、これからもっとやりたいことへのスタートラインに立つこともできない。それを思い知りました。要するに昔から、奥手というか、むっつり系(笑)。

 

今回、年末から2度ほど東京を一人で行き来して、大好きな東京、飛行機、電車、地下鉄に浸ってきました。初めていくところばかりだけど、始終癒されてました。家では「行ってきます!」と扉閉めるまで家事育児に追われている日々なので、主婦としてはとても贅沢なリフレッシュ時間です。

 

ただ、日常の不便さが客観的にみると自分次第だってことに気づかされた今回のひとり旅。仕事にストイックなときは、思うように進んでいかない自分事を家族のせいにしてしまったりする気持ちも正直あったんですけど、一人でホテルで過ごしたりしていると、たとえ時間に余裕があっても、人は決してストイックでは居続けられないという事実。ガビ〜ん。結局はそこに家族が挟まってるから家族のせいにしているだけ。思い通りにならないことは、それなりなのだということ。ごめんね、あなたたちのせいにしてきた私を許して〜…おっと、幼稚園のお迎えの時間になりました。サンエールのブックリサイクルもちょっと覗きたいな。

 

今日も最良の一日をお過ごしください!

- | comments(2) | -