幸せっ?!

椎名林檎さんの「幸福論」て、メロディアスで大好き。

 

幸福って、いろんな形があるけれど、かっこよく言い切りたいのと現実思うようにそうできないフラストレーションを始終微調整しながら、追求し続ける今日。ただ、些細でもしようと思ったことを自分でできる今を大切に過ごさないといけない。内面を豊かにし、いろんな見る目を学んで、日々感動する。

 

歳のせいか、幸福観も変わってきてるのは確かで、恋愛とか異性の存在は、もはや私の幸せパズルのパーツではなく、意識を向上し合う仲間は大事にしていきたいなあという感じ。味気ないかな?!(笑)もちろん、憧れ的ドキドキ感などはある。それがまた頑張ろうって具体的なやる気に繋がったりもする。こんな表現も機械的かな?!(笑)

 

上の娘っちが小学校で作ってきた梅干しとご飯。

元々ご飯あんまり食べないのに、ご飯が美味しく感じられ、思わず大盛りによそおってしまいます(笑)一つ一つの食材にもドラマがあって、シンプルでも特別な贅沢さを感じられる。凄いですね、意識で味覚も違ったものになる。また、研究材料ができた( ´ ▽ ` )。

 

- | comments(2) | -

眩しい!シャケワールド!!

山形屋「大新潟展」生中継!

天下の老舗百貨店、山形屋さんから…

この中継のために、被り物を用意し臨んでくださった島さん登場!

 

感動〜っ(涙)。

 

よく見ると、シャケ色フェイスにシャケ色ネクタイ!

リハ前、​私よりも先に、顔塗りを始められた島さん。

ついて行きますとばかりに私も白塗り💦

逆ではないか?!有り難いですよ、本当に(笑)

 

顔ハメひとりの時より、フリーダム感が倍増⤴︎

楽しいお仕事でした〜♪

- | comments(2) | -

園帰りの公園

サンエールのブックリサイクルで5冊いただいてきました。

明日もされていてさらに増冊されるそうです。早い時間なら絵本もあるそう。

 

その後、下の娘っちの希望で公園へ。

色々と落ち込んだりもするけど、

意味のないことは起こらないと思うし、そこで何かをする意味がきっとあって、更にいい未来が待っていると信じて頑張ります。

 

こんな時間を今は大切にするべき時なんだろうなって感謝しつつ。

気持ちのいいお天気な公園日和でした。

- | comments(2) | -

飛行機からの雲

飛行機に乗ったときの窓からの景色、毎回時間でも違って見えるから、嬉しくなります。

- | comments(2) | -

2018は「見える化」させる勇気!

今日は下の娘っちが午前保育、超特急で自分のことに取り組まないといけません。仕事が入っていない日でも”やっとかなきゃ的こと”は絶えずあるので、本当は延長保育をお願いしたいけど、「普通のお迎えがいい!」と言われたときは、なるべくそうしようと。上の娘っちが小学校入ってからはどんどん幼さから遠のき始めて、気がつけば背丈も私と同じくらい(笑)。早いんですよね、子供が成長するのって。

 

さて、タイトルの「見える化」。

歴史家の東川隆太郎さんの講演から学んだキーワード。これまでの、わかってくれる人だけ伝わってればいいかな的奥手な自分流からちょっとだけズレたやり方にはなりますが、その方法を生かしてさらに自分をレベルアップしていこうと。

 

今回とある審査を受けて参りまして、結果は進めずにとても残念でしたが、ようやく今回で、自分の好きなことはこれだってことを思い知ったいい機会にはなりました。

 

これまでは小心から、これまで表沙汰にはしてこなかったのもあります。だから、これまでのブログはとても中身がだいぶはっきりしないものでした。それでもなんとなくわかってくださる方々もいらっしゃり、その存在がとても励みになっていました。

 

でも本当の自分のことをいつまでも押さえ込んでいたら、これからもっとやりたいことへのスタートラインに立つこともできない。それを思い知りました。要するに昔から、奥手というか、むっつり系(笑)。

 

今回、年末から2度ほど東京を一人で行き来して、大好きな東京、飛行機、電車、地下鉄に浸ってきました。初めていくところばかりだけど、始終癒されてました。家では「行ってきます!」と扉閉めるまで家事育児に追われている日々なので、主婦としてはとても贅沢なリフレッシュ時間です。

 

ただ、日常の不便さが客観的にみると自分次第だってことに気づかされた今回のひとり旅。仕事にストイックなときは、思うように進んでいかない自分事を家族のせいにしてしまったりする気持ちも正直あったんですけど、一人でホテルで過ごしたりしていると、たとえ時間に余裕があっても、人は決してストイックでは居続けられないという事実。ガビ〜ん。結局はそこに家族が挟まってるから家族のせいにしているだけ。思い通りにならないことは、それなりなのだということ。ごめんね、あなたたちのせいにしてきた私を許して〜…おっと、幼稚園のお迎えの時間になりました。サンエールのブックリサイクルもちょっと覗きたいな。

 

今日も最良の一日をお過ごしください!

- | comments(2) | -

偉人さま伝記さま

私は、小学生の子供が図書館から伝記を借りてきてくれるのがとても楽しみで、「キュリー夫人」「夏目漱石」「勝海舟」「マザーテレサ」「ショパン」など、ジャンルは様々ですが、どんな時代も、どんなに才能ある人たちでも、時代や常識の波に飲まレまくってるなあと。生前にはさほど評価もされずに生涯を終えてしまうことは多々あるということ、時代変革に全世間がついていくのはだいぶ時間がかかるということ。自分は長い歴史の一粒であり、限られた生涯、良き理解者と出会えたならばこれ幸いなんだろうな。

- | comments(2) | -

方言は懐かしき場所の代名詞。

方言の魅力を知ることができるのは、故郷を離れている時だと私なりには思います。24年前、上京先から急遽帰鹿しなければいけなくなって、大家さんを訪ねた時のこと。インターホンを鳴らし、「急に鹿児島に帰らなくてはならなくなって…。」と伝えると、わざわざシルバーグレーの上品なおばあちゃまが玄関先まで出てこられました。最初は私の話を「そうですか、あらあら…。」と聴いてくださっていましたが、ひとしきり話した後、ふと「あたいもかごっまごあんさあ。」と。私は東京の吉祥寺という場所で故郷の方言を聞けたことに、びっくりするやら涙出そうになるやら。地元にいると当たり前すぎてわからない故郷の感覚。別天地で方言を聞くと、どこか懐かしい、芳しい香りを嗅いだような、自分のこれまで生きてきた過去の…、懐かしい人々を彷彿とさせる幼少時代にタイムスリップするような…。とにかく、離れてこそ感じられる故郷の悠々とした存在感とありし頃の自分。方言で親元のようにとても安心感を得られたことを今でも覚えています。

- | comments(2) | -

過去の自分はビンテージ

やりたいこと、思いつくもの、何事も、思い切ってはじめてみて、一つ一つの経過に突き当たれば、誰かに相談し、信頼できる誰かとの出会いと、そこを回避する方法を見つけ、知っていく…とてもワクワクが永遠に続く作業。ついでにお蔵入りしてた前の所業もまた引っ張り出して、今できる最強のものを日々作り出して…これぞ、豊かな時間。体の限界もその中のテーマの一つとしても設けたら、立派な研究材料だ。学びは、心身を清め精錬してくれる、生涯のご友人。

 

自分の人生という絵本の中で、主人公である自分が動かなければ物語は進まない。どこかを向いて、ちっぽけな動きでもいいから、微動から始める(笑)新しいことを迎え入れる怖さを克服…そこに超えたら、黙っていても物語は向こうの方からやって来るようになる。大切な人生絵本のためにちょっとだけ頑張るところかな。

- | comments(0) | -